ホーム > 病院概要 > 病院沿革

病院沿革

昭和17年9月
野田市野田529番地に内科診療所を開設
昭和26年2月
野田市吉春29番地に結核患者の収容を目的とした結核療養所136床(一般8床)を開設
医療法人 圭春会 小張病院を設立
昭和45年9月
内科診療所を鉄筋コンクリート3階建、病床数30床の病院を新築、救急指定病院となる。
昭和51年3月
結核療養所を閉鎖し、本院を50床に増床
昭和60年4月
野田市横内29番1に病床数192床にて24時間救急医療体制病院を開設、 医療法人社団 圭春会 小張病院とし旧本院を同附属診療所とする
病床数326床に増床
平成3年3月
医療法人社団 圭春会 小張総合病院と名称変更
平成8年4月
看護師寮、保育施設完成
平成9年7月
総合リハビリテーション承認される
平成10年9月
24時間二次救急医療体制に小児科参入
平成11年4月
人工透析外来が稼働(7床)
平成11年10月
小児科医365日当直体制実施
平成14年9月目
小張総合クリニック完成
平成14年12月
医療法人社団 圭春会 小張総合クリニック開設及び電子カルテ稼動
平成15年3月
透析室の増床完了(7床から20床へ)
平成15年8月
臨床研修指定病院に指定される
平成15年10月
リハビリテーションルームの移設・拡充
5B病棟開設
平成15年11月
野田市委託事業「ひばりルーム(病児・病後児保育室)」開設
回復期リハビリテーション病棟(5B病棟)承認
平成16年2月
結核モデル病床2床(4A病棟)承認される
平成16年5月
野田市消防本部の救急救命士による気管挿管の実習開始
平成16年7月
診療情報管理室を新設
平成16年8月
日本医療機能評価機構認定病院として認定される
平成18年2月
病棟の完全電子カルテ化(医療過誤防止システム、看護支援システム)導入
平成18年6月
DPC対象病院認定
平成18年12月
7対1看護体制承認(281床)、回復期リハビリ病棟承認(45床)
平成19年8月
病棟・救急外来、クリニック フィルムレス導入
平成20年4月
特定集中治療室管理料承認
平成20年7月
全7病棟326床 区分A(7対1看護体制)承認
平成22年3月
第2看護師寮36室完成
平成22年10月
病床数350床に増床
平成23年7月
日本医療機能評価機構 病院機能評価Ver6.0認定(更新)
平成23年11月
開放型病院に承認
平成23年12月
千葉県がん診療連携協力病院指定(胃がん・大腸がん)
平成25年6月
千葉県がん診療連携協力病院指定(肺がん)
平成25年7月
「腎・透析センター/産婦人科/小児科」新棟完成
病院概要
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はコチラ

資料請求

このページのトップへ