ホーム > 看護部案内 > 3A病棟案内

3A病棟案内

科別
脳神経外科・神経内科・婦人科・消化器内科
病床数
50床
夜勤体制
看護師3名+看護補助者1名
病棟の特徴

 脳神経外科・神経内科の入院患者さまの看護をメインに行っています。医師との症例勉強会や理学療法士などとのリハビリカンファレンスを積極的に行っています。他部門と協力し、患者さまのためにチーム医療が展開できるよう、日々奮闘しています。スタッフ間のコミュニケーションも非常に良く、協力体制が取れています。お互いの良い所を認め合うシステム作りができています。

病棟やスタッフの雰囲気・年齢層を教えてください

 個々の患者さまの状況に合わせた臨機応変な対応が求められる病棟です。スタッフ一人ひとりが、技術だけでなく人間性や協調性など周囲への心配りができるアットホームで心優しい看護師が多い病棟です。20代〜40代でバランス良く構成され、スタッフ間の交流は円滑です。子育て中のママさん看護師も頑張っています。

新人看護師はこう育てたい

 良い人間関係が築けるように、知識・技術だけでなく人間性が成熟できるようにディスカッションを多く持ち、相手の立場を理解できる看護師に育てたいと思っています。また、プリセプター制を取っていますが、師長を中心に病棟スタッフが一丸となり、個人のペースに合わせてゆっくり指導していきます。

将来なってほしい看護師像

 「命や健康の大切さ」を患者さまや家族から学び取れる、コミュニケーションを大切にする看護師になってほしいと願っています。また、自分の目標を持ち、生き生きと看護ができて、専門職として後輩育成のできる看護師になってほしいと思います。

教育のポイントは?

 病棟に配属されると、入職者一人ひとりにどのような看護師になりたいのかを確認しています。その上で、個々に1年間の努力目標を設定して指導を行っています。毎日緊張の日々ですが、できた事、できている事を認めて言葉で伝え、目標を見失わないように、全スタッフでサポートしています。新人看護師の院内研修は勤務時間内に行っています。1年目の目標は1年かけてクリアできるようにスタッフ全員で共通理解をして指導しています。

病棟独自の取り組みやPRしたいことがあればどうぞ

 色々な医療機器があるため、機器に関して定期的に勉強会を開催しています。外部の研修会などにも積極的に参加して勉強しています。複雑な治療もあるため、医療事故防止に注意し勤務しています。また、机上の勉強だけではなく、食事会や親睦会なども取り入れ、多面的に人間関係を築けるように工夫しています。

就職・見学を希望されている方へのメッセージ

 当病棟は鋭い観察力・判断力が求められます。その中で、問題意識を持ちながらスタッフ間でしっかりコミュニケーションを取り、全員のチームワークで患者さまの援助を行っています。このような現場で経験を積めば、自分にとっても良いスキルアップに繋がると思います。

看護部案内
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はコチラ

資料請求

このページのトップへ